作品概要

町役場の旗》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1924年から1924年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《町役場の旗》は、フランスの画家モーリス・ユトリロによって1924年に制作された油彩画である。オランジュリー美術館に所蔵されている。

制作の背景

他の多くのユトリロ作品と同様に、この絵は、フランス東部ロレーヌ地方のリュネヴィル近くにあるメックス村の絵葉書に基づいて制作された。ユトリロは「白の時代」から、よりカラフルで活気に満ちたものへと作風を変えた。後期キュビスム期のマティスやシャガールのようなより明るい色調への回帰は、彼に大きな影響を及ぼした。

人々の生活を描き出す

首都パリから遠く離れた地域の人々の肖像となっているこの作品には、お祝いのムードがある。1920年代、ユトリロは初期のキュビスムからの影響を受けたより質素な構成から離れ始め、代わりに村や都市生活の場面に命を吹き込むかのような深みと色を描き出すことに興味を持つようになった。シンプルで、幾何学的な立体感を持つ建物のような人物は、がっしりとした形と濃密な色で主に構成されるように、最小限の方法で描かれている。

図像解説

この場面では、町役場は中景に描かれている。しかしユトリロが焦点を当てたのは、お祝いの為に外に出て来たメックス村の人々である。フランス国旗が場面中央に掲げられているように、見たところ何か重要な国家行事のようである。彼らは白い壁の前に立っており、後景には町の家々が描かれている。

白い壁は赤い屋根と対照的である。画面やや左にいる2人の対面している女性は、写真のようにその動きが捉えられている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名町役場の旗
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1924年 - 1924年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ98cm
  • 横幅130cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 町役場の旗の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。