作品概要

ベルリオーズの家》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1914年から1914年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

主題

モンマルトルのランドマークの一つであったベルリオーズの家は、モン・スニ通りとサン・ヴァンサン通りの角に位置していた。作曲家エクトル・ベルリオーズと彼の妻は、ユトリロが本作を描くよりもずっと以前、1833年から1837年の間この家に住んでいた。

1911年、キュビスムの画家ジョルジュ・ブラックが家の中にアトリエを作った。ユトリロはその時期に本作を描き始め、数年後に完成させた。オランジュリー美術館は、1914年にドイツがフランスに宣戦布告をした後、フランス国旗が描き加えられた可能性があるとしている。

「白の時代」の作品

ユトリロは1912年から1914年の間、そのキャリアの高みに達したと考えられている。この作品はその時期に制作された。当時描かれた作品は白が特徴的なものが多かったため、この時期は「白の時代」と呼ばれている。ユトリロは白にさらに厚みを持たせ、ほとんどモルタルのような二次元構造を作り上げるためにしばしば漆喰を加え、ブラシではなくパレットナイフを使ってキャンバスに塗りつけた。

描写

この絵は絵の具が厚く塗り重ねられているが、皮肉なことに絵の深みはほとんど感じられない。錯覚を作り出すというよりも、ユトリロはモンマルトルにあるこの建物の形状を強調している。キュビスムの創始者の一人である画家が絵画制作をしていた建物を絵の対象に選んだことも含め、ユトリロの当時の作品にはキュビスムが非常に強い影響を与えている。

キュビスムにインスパイアされた他の作品とともに、この作品は、絵の表面に配置されたほぼ平らな形状と、淡いほぼ単色のキュビスト的色調を特徴としている。さらにユトリロは、建物の形に作品の真の深みが見えるように、二つの構造の間で視点を突然変化させている。家の2つの面は、異なる二視点から同時に描かれている。

ユトリロの絵画は、モダン・アートとモダン建築の発展の重要な瞬間を後世に伝えている。この作品が描かれてから間もなく、ベルリオーズの家は取り壊された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名ベルリオーズの家
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1914年 - 1914年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩画
  • 高さ91.5cm
  • 横幅121cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ベルリオーズの家の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。