作品概要

ペルセウスと珊瑚の起源》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1671年から1671年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ペルセウスと珊瑚の起源》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1671年頃、イタリアにて作成した版画作品である。

現在、この作品はフランスのパリにあるルーヴル美術館にて所蔵されている。

作品の物語について

《ペルセウスと珊瑚の起源》はロランがいつも引用している変身物語から抜粋された物語であるが、このストーリーはあまり世間に知られていない。この物語は珊瑚の誕生に関するストーリーである。

ある日、ペルセウスは、3人のゴルゴンのうちの1人であるメデューサを殺し、彼女の血からペガサスの誕生を目の当たりにする。メデューサの頭を袋に入れ、ペルセウスはペガサスに乗り、空を飛び回る。その際、彼は上空にて海の怪物に脅かされているアンドロメダの姿を目撃し、彼女を救出するために怪物を殺した。

その後、怪物の血を洗い流すため、ペルセウスはメデューサの頭を側にある海草の上に置いた。メデューサの頭から流れた血は海藻を珊瑚に変え、その変化に驚いたニンフ達は他の海藻をも血に滲ませ、更に珊瑚を作り出す。これが珊瑚の起源であると言い伝えられている。

作品のスタイルについて

《ペルセウスと珊瑚の起源》の主役であるペルセウスは作品の右下におり、彼の隣にいる羽が生えた天使はキューピットである。また、ペルセウスが連れているペガサスは険しい広大な岩の左下におり、その隣には小さな岬で遊ぶニンフ達が描かれている。

この作品の繊細な筆使いはロランに色と光を探索する機会を与えた。ロランは光源を作品の中央部分に向け配置し、地平線の丁度真上にも横切って広がる光線が描かれている。しかし、この作品の浸透した雰囲気と着色の状態はコメンテーターに謎を残している。果たして、この絵の中心に描かれているのは太陽、それとも月なのか?

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名ペルセウスと珊瑚の起源
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1671年 - 1671年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類版画
  • 高さ25.4cm
  • 横幅32.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ペルセウスと珊瑚の起源の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。