作品概要

ビュッテ・パンソン》は、画家のモーリス・ユトリロによって制作された作品。制作年は1905年から1908年で、オランジュリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ビュッテ・パンソン》は、フランスの画家モーリス・ユトリロによって1905年から1908年の間に制作された油彩画である。オランジュリー美術館に所蔵されている。

制作の背景

1896年、ユトリロが十代ですでにアルコール依存症に苦しんでいたとき、彼は母親、義父、祖母とともにモンマニーの郊外にあるビュッテ・パンソンの家に引っ越した。パリの北十キロほどの場所にあるモンマニーは、ユトリロが初めて絵を描き始め、1905年から1908年までの三年間、連作に取り組んだ場所である。芸術的な訓練をほとんど受けずに作品を描いたことは、彼の芸術的才能の証明となった。

描写

ぼやけた線やぼんやりした光など、印象派の柔らかな筆使いの多大な影響を示しているこの絵画では、遠景にある見晴らしの良い小屋の前景に、裸の木を配置している。小屋は、曇った空を特徴とする冬の場面の中でも、明るい部分となっている。空に達する部分が明るくなっている木の枝の優雅な動きは、鑑賞者の目を上に向ける。

母の助言

ユトリロの母であり画家であったシュザンヌ・ヴァラドンは、息子に色の選択についての助言をした。全体的な暗い印象は、小さな色の塊により生気を与えられている。最初に赤または緑で描かれた幹と枝に、黒が加えられているのがわかる。前景左にある木の黒いシルエットは、画面を暗くしている。絵の上部に描かれた狭い空は、非常にコンパクトなモチーフに雰囲気を与えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家モーリス・ユトリロ
  • 作品名ビュッテ・パンソン
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1905年 - 1908年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジュリー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、厚紙
  • 高さ48cm
  • 横幅37cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ビュッテ・パンソンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。