作品概要

春の夢》は、画家のウィリアム・アドルフ・ブグローによって制作された作品。制作年は1901年から1901年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ファンタジーの表現

この画は春の寓話を描いており、若い女性が森の中に座り、3人の小さなアムールたちが彼女を取り囲んでいる。彼女を春の女神として、春の花で作られたリースを頭に乗せようとしているシーンだ。

コーカサス人の女性が白いチュニックドレスと紫のオーバースカートを着て、低い石の上に座り、右手を右胸の上に乗せている。左上に位置するキューピッドはピンクと白の花を両手いっぱいに持ち、女性の右肩の方を見ている。右上に位置するキューピッドは彼女の髪をかき上げて耳を出させ、左手で矢を持っている。手前にいる濃い髪色のキューピッドは手を合わせてあごの下に置き、女性の顔を真っ直ぐ見つめている。

公開展示の経緯

ブグローは19世紀後半で著名だったフランス人の典型的な伝統画家で、美しい女性と愛らしい子供たちを優雅かつ絶妙に描くことを専門とした。ロマンチックな題材と理想化されたスタイルで、アメリカとヨーロッパで多くのコレクターが存在していた。

《春の夢》は2013年にインディアナポリス美術館の常設展示として追加された。慈善家のメルビンとブレン・サイモン夫妻が2008年、美術館の125周年記念のお祝いに寄贈することを約束し、実際2013年の春に贈呈された。

インディアナポリス美術館のCEOであるチャールズ・L・ベネーブル氏はこう語っている。「《春の夢》はブレン・サイモンさんのお気に入りの絵だったのですが、亡き夫とこの作品は美術館にあるべきだと思うことを話しており、それで美術館に寄贈することに決めたそうです。この素晴らしい絵画を公開する機会を与えてくださったサイモン夫妻とその寛大さに大きな感謝の意を表します。」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・アドルフ・ブグロー
  • 作品名春の夢
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1901年 - 1901年
  • 製作国フランス
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油絵
  • 高さ185cm
  • 横幅127cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 春の夢の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。