作品概要

髪を巻く女》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1891年から1891年で、オーギュスタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《髪を巻く女》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1891年に制作された油彩画である。オーギュスタン美術館に所蔵されている。

描写

この作品では、ロートレックの巧みな色の使用が見られる。ロートレックはしばしばこの作品のように、鮮やかなエメラルドグリーンと純白に対し、濃い赤を直接組み合わせた。下書きのスケッチから立ち現れ、色のクレッシェンドの中で混じり合う大胆な線運びにより、構図の強さが作り上げられている。油絵具とボール紙の茶色の組み合わせは、色が最も重要となる印象的な構図をもたらした。

制作の背景

本作は、五年後に出版されるリトグラフ画集「エル」で見られる作品たちの先行作として見ることができる。この連作は、1892年から1895年の間、ロートレックがムーラン通りの売春宿で、売春婦たちの日常生活を記録したものである。彼は「エル」のために多くの油彩画を準備したので、ネグリジェやフリルの襟を身に着けて髪を巻く売春婦を描いた《「エル」の口絵》と本作の間に明確な類似点があることは驚くべきことではない。

髪を巻くという主題

さらに、ロートレックの好んだ慣習として、背中越しの姿を見せるという、女性のアイデンティティを巧みに隠す視覚的な工夫で、何が起こっているのかを一目瞭然にした。

「エル」の中では、《髪をすく女―髪結い》と《鏡を見る女―手鏡》で、髪を巻くという同じ主題を繰り返している。これは売春婦が仕事の前後に繰り返し行う作業であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名髪を巻く女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1891年 - 1891年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オーギュスタン美術館 (フランス)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ56cm
  • 横幅39cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 髪を巻く女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。