作品概要

コンフェッティ》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1894年から1894年で、ニューヨーク近代美術館などに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《コンフェッティ》は、ロンドンの紙吹雪(コンフェッティ)メーカーから依頼されて作成されたポスターである。

ロートレックのポスターは、非常に単純化され、抽象化されたデザインで注目に値するものであった。日本の浮世絵に影響を受けた彼は、当時の他のポスター制作者の魅力をはるかに上回る即時性と直感性を実現するために、斜めの視点、トリミング、鮮やかなフラットカラーのデザインやしなやかな曲線などを組み込んだ。

「シェレット」の影響

フランスの画家でありイラストレーターであったジュール・シェレは、リトグラフという技術を採用する若い世代に影響を与える役割を果たした。ポスターに現代アートのデザインを導入することで、シェレはアートとしてのリトグラフの新たな受容の道を切り開いた。彼の描く、フリルの衣装と巻き毛の若々しく生気にあふれた女性は「シェレット」として知られるようになった。

ロートレックは、シェレのスタイルへ敬意を表しており、1892年の《Halle aux chapeaux》のポスターの前景の少女をベースとして本作《コンフェッティ》を描いている。気品のある「シェレット」に触発されたロートレックは、紙吹雪を浴びる陽気な金髪娘を作り出した。

新しい技術

当時、ロートレックはリトグラフ技術の実験的な応用に巧みであった。歯ブラシのような硬いブラシを解墨で満たし、石版の上にこれを散らした。この技法が魅惑的な結果を生むこととなった。娘の顔、金髪、奇妙な帽子のゴールド、赤、黄色の明るいフラットカラーは、流行していた長い手袋や襟の黒と対照となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名コンフェッティ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1894年 - 1894年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館など (アメリカ)
  • 種類リトグラフ
  • 高さ57.4cm
  • 横幅39.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • コンフェッティの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。