作品概要

ソファに座る女性》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1897年から1897年で、ノイエ・ピナコテークに所蔵されている。

詳細な画像を見る

図像解説

年齢を重ねるにつれ、ロートレックの病気による苦しみは増していった。しかし彼は、洞察力のある肖像画家としてその資質を保ち続けた。

これはボール紙に描かれた興味深い油彩画で、ロートレックの優れたデッサン力と、人物を描き出す能力を示している。本作で、彼は人生経験によって強くなった、かつては美しかった女性の傷つきやすさを捉えている。しっかりとした顎は、彼女のどこか上の空の様子とは対照的であり、作り上げられたうつろな目によって強調されている。

彼女と鑑賞者との間にある距離は、彼女の顔に世慣れた表情を生み出し、この控えめな肖像画に複雑さを加えている。ロートレックの技術は、服とソファを示す最小限の線によって強化されている。

描写と技法

白、青、緑の筆致と、ボリューム感のある髪の鮮やかな赤色は、周辺の空白と対照になっている。この作品は、ロートレックの絵画技術がいかに革新的であったかを明らかにしている。

画家レオン・ボナの画塾の生徒であったロートレックは、そのアカデミー的な暗い絵画と厳格な描画テクニックから逃れ、印象派の教えを吸収し、より明るい色調と断片的な筆遣いを習得した。彼はエドガー・ドガのボール紙に絵画を描く技法に魅了された。その技法では、樹脂で薄められた油絵具がより透き通った表現を作り出すことができた。

これを本作のようにスケッチに使用すると、線の効果はボール紙の表面でさらに強化された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名ソファに座る女性
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1897年 - 1897年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ノイエ・ピナコテーク (ドイツ)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ63cm
  • 横幅48cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ソファに座る女性の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。