作品概要

プシュケーの誘拐》は、画家のウィリアム・アドルフ・ブグローによって制作された作品。制作年は1895年から1895年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《プシュケーの誘拐》は神であるキューピッドと、人間の女性であるプシュケーの恋物語を描いた神話が基となっている画だ。

題材の物語

本作を十分に楽しむにはキューピッドとプシュケーの話を知る必要がある。

愛の女神であるヴィーナスは、プシュケーの美しさに激しく嫉妬していた。そして、自分の息子であるキューピッドに、プシュケーが地球上で一番醜い生き物に恋するよう、彼女を矢で射貫くように命じた。キューピッドは了承してプシュケーのところに行くが、プシュケーを見ようとかがんだ際、一本の矢が偶然に落ちて彼を射貫き、キューピッドがプシュケーに恋することとなってしまった。

ブグローはこのキューピッドとプシュケーの話が非常に気に入っており、他にも同じ題材で描かれた1890年の《アムールとプシュケー、子供たち》、1889年の《プシュケーとキューピッド》などがある。

象徴とメッセージ

数々の試練や障害を乗り越えることでプシュケーは神々に不死の存在としてもらい、二人が結婚して天界へと昇っていく姿が描かれている。キューピッドがプシュケーを愛しく抱き締め、妻にするため違う世界へと連れていく。プシュケーに新しく生えた蝶の羽は不死の象徴だ。白と紫で彩られた眩いばかりの空を背景にして、天に向かって飛ぶ二人の姿は夜明けと新しい人生を示している。

彼女の表情は至福の喜びに満たされており、しなやかな体は柔らかく、傷つきやすい存在に見える。キューピッドの腕はしっかりとプシュケーを包み込み、所有感というメッセージが込められている。一方でプシュケーのポーズは完全に身を任せた形となっている。

ブグローの思い

二人が一緒になることは生命の現実や人間の道理を超え、永遠の魂の結びつきとなり、キリスト教の教義も異教徒の慣例も全く関係ない世界だ。

もしかしたら、本作を制作する20年近くも前に亡くなった最愛の妻の悲劇的な死を思い出し、故人の象徴的な再現と永遠の愛への熱烈な願い、そして天国で再び一緒になることを信じているブグローの思いが込められているのかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・アドルフ・ブグロー
  • 作品名プシュケーの誘拐
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1895年 - 1895年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人 (不明)
  • 種類油絵
  • 高さ209cm
  • 横幅120cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • プシュケーの誘拐の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。