作品概要

百合の聖母》は、画家のウィリアム・アドルフ・ブグローによって制作された作品。制作年は1899年から1899年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

宗教的テーマと象徴

《百合の聖母》ではマリアが座った状態で描かれている。これは15世紀以降、宗教的図像として好まれてきたポーズだ。子供は母親に愛しく抱かれ、鑑賞者に向かって腕を上げている。玉座の周りに置かれている白い百合は純潔さと清廉さの象徴だ。

レイヤーを重ね、色を作り上げるブグローの技術は素晴らしく、特別な品質の作品となる。人物には温かさと慈愛が備わっている。子供は穏やかな目で私たちの世界を見つめている。背景に細かく花が描かれているものの、聖母と子供の姿に目が引きつけられるような構成となっている点も注目すべきところである。

ブグローが描いた宗教画はそんなに多くないが、そのうちいくつかは聖母マリアを描いたものだ。本作の後、《薔薇の聖母》という作品も描いている。19世紀において芸術の役割とは、人間愛を褒め称えることであった。ブグローは若い時にルネサンス期の画家について勉強しており、宗教的図像を強調した作品に感銘を受けていたのかもしれない。

作風の背景

ブグローは10代の頃、おじと共にモルターニュ=シュル=ジロンドに住んでおり、神話や宗教を含む古典を勉強するように薦められていた。それに加え、地方の田舎という立地柄、美しい自然に囲まれた環境にも恵まれており、自分のものとして取り込む機会が十分にあった。

この経験がブグローの作品に大きく影響していたことは明らかだ。本作も含め、彼の全作品を見ればその時の知識や情景に何度も戻ってきていたことが窺える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・アドルフ・ブグロー
  • 作品名百合の聖母
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1899年 - 1899年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人 (不明)
  • 種類油絵
  • 高さ不明cm
  • 横幅不明cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 百合の聖母の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。