作品概要

水車小屋》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1631年から1631年で、ボストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《水車小屋》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1631年、イタリアにて作成した油彩画作品である。現在、この作品はアメリカのボストンにあるボストン美術館にて所蔵されている。

この作品はロランの他の絵達と違い、バロック・フランス古典の作品ではなく、マニエリスムを手法として描かれた作品である。

作品について

《水車小屋》はロランの早期作品の内一つである。

題名となる水車小屋は作品の右側にて描かれている。右側にある水車小屋の明るさと反対に、左側の木々達は規則正しく濃い黒によって塗られている。また、作品の前景にはいろんな人物が描かれており、彼らは皆自分の仕事に取り掛かっている。前景とは対象的に、後ろにある風景はとてもシンプルに描かれており、余分な物が見当たらない。

作品の作風について

《水車小屋》を作成した頃、ロラン自身の作風はまだ成熟しておらず、この作品は同じく画家であるポール・ブリルの作品を真似して描かれてたと言われている。ポール・ブリルはロランと似たような経歴を持っており、彼もイタリア出身は無いが、画家生命の大半をイタリアにて過ごしている。

ポール・ブリルはマニエリスムの芸術家であり、ロランが描いた《水車小屋》にもマニエリスムの特徴的な風景の描写が取り入れられている。暗い茶色の前景、明るい緑色で描かれた中央部分、そして、人工的に配置された地平線の青い丘は画面を分割し、色が違う部分はそれぞれ異なるステージかのように描かれている。

また、《水車小屋》は実際の風景を反映するというよりも、木や空などのパーツを画家がデザインし、作品の細部はマニエリスムのこだわりのある手法で丁寧に描かれている。特に樹木は、特定の手法を使い、葉のような枝で描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名水車小屋
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1631年 - 1631年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ボストン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩画
  • 高さ62cm
  • 横幅85cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 水車小屋の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。