作品概要

木の実を集める少女たち》は、画家のウィリアム・アドルフ・ブグローによって制作された作品。制作年は1882年から1882年で、デトロイト美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

テーマ

この画では二人の純真な少女たちが森林の空き地の中でポーズをとり、人生の危険など全く知らないかのような表情を見せている。生き生きとした顔、滑らかな肌、そして裸足の姿が、大人の責任感が生じる前の若さにある脆さ、純粋な喜びと幼い頃の強い友情がある特権的な世界を思い出させる。

《木の実を集める少女たち》は二人の少女をモチーフに、無邪気さ、美しさ、若さの喜びが表現されている。背景は自然が溢れ、緑に囲まれており、少女たちは非常にリラックスしてこの時間を楽しんでいることが伝わってくる。

幼年期と無邪気さはあっという間に過ぎ去ってしまうため、出来る限りこの時期をとらえておくべきだというメッセージがこの画に込められているように感じる。

色彩と描写

おそらく少女たちはヘーゼルナッツを集めており、その途中で少し休憩をしているというシーンだ。楽しく親密そうに、二人で何かを話し合っているように見える。究極のリアリズムが追求され、まるで写真のような絵画だ。

前景の色は明るく、背景は暗くなっているが、全体的に緑が多くを占めている。また、右上の方にちらりと海が見えていることから、この場所は海の近くであることもわかる。背景に対して、少女たちの存在感も鮮明に際立っている。

絵画について

この画は現在、アメリカ合衆国ミシガン州のデトロイト美術館に所蔵されている。デトロイト・ニュースの出版者であったウィリアム・エドモンド・スクリップスの妻、ニナ・アメンダ・ダウニーが1954年に寄贈した。以降、何十年もの間、デトロイト美術館で最も有名な絵画として展示され、人々を魅了している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・アドルフ・ブグロー
  • 作品名木の実を集める少女たち
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1882年 - 1882年
  • 製作国フランス
  • 所蔵デトロイト美術館 (アメリカ)
  • 種類油絵
  • 高さ87.6cm
  • 横幅134cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 木の実を集める少女たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。