作品概要

寝台の女、横顔-目覚め》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1896年から1896年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

制作の背景

1896年、トゥールーズ=ロートレックは、吉原の二十四時間を描いた北川歌麿の連作《青楼十二時》からインスピレーションを受け、売春婦たちを描いた11枚のリトグラフからなる画集「エル(彼女たち)」を出版した。制作のために、ロートレックはムーラン通りの売春宿に数週間滞在し、売春婦たちの日常を描いた。これらの作品は、パリの売春宿の日常生活を、かつてないほどの率直さで描き出している。リラックスした姿の彼女たちは、ロートレックにとって理想的なモデルとなった。

画集の性格

売春は、トゥールーズ=ロートレックの作品の中で最も重要な主題であった。彼はそのキャリアの過程で50以上の売春婦の作品を制作したが、いずれも生涯展示されることはなかった。この、女性、特に売春婦を焦点とした画集は、俗っぽく刺激的な描写を求めただろう鑑賞者の期待の裏をかき、彼女たちの日常の中にある静かな瞬間を捉えて描き出している。

描写

売春婦たちはさまざまな場面で描かれている。疲れてベッドに横になった姿、入浴、着替え、朝食を食べているシーンなどである。性的な要素の描写は、シルクハット、シレノスやレダと白鳥のエロティックな物語の絵画など、わずかなものだった。
この連作の中でも異例と言えるのは、仮面舞踏会における女道化師シャユカオの肖像画である。彼女は当時、他の絵画や版画にも描かれており、ロートレックお気に入りのモデルの一人であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名寝台の女、横顔-目覚め
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1896年 - 1896年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類リトグラフ
  • 高さ40.6cm
  • 横幅52.6cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 寝台の女、横顔-目覚めの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。