作品概要

54号室の女船客》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1896年から1896年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《54号室の女船客》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1896年に制作されたリトグラフである。

制作の背景

1895年8月、ロートレックは友人モーリス・ギベールとボート旅行を開始した。彼らはル・アーヴルからボルドーまで貨物船に乗り、マルロメにいる母親を訪ねた。しかし、ロートレックの友人のアンリ・ブールジュと彼の妻に会うためにル・アーヴルに戻らなければならなくなり、旅は複雑なものとなった。その後彼らはさらにフランスの海岸に沿って旅を続けた。

美しい船客

船に乗っている間、ロートレックは54号船室にいる若い女性に気づき、彼女の美しさに魅了された。無名の女性は、アフリカの西海岸にあり、当時フランスの植民地であったセネガルに旅行して、夫や政府関係者と会うために旅をしているところであった。ロートレックは、シャンパンやワインを大いに楽しむため、計画どおりにボルドーを出発せず、船が首都ダカールに到着するまで南に進まないことにした。その後ギベールに説得され、リスボンで下船した。

図像解説

若い女性がキャンバスの天幕の下、デッキチェアに座っている。彼女は肩が膨らんでいる袖の流行服を着ている。シニヨンでまとめられた髪に、かんかん帽をかぶっている。彼女は手袋の手に本を持ち、海と小さな汽船を見ている。

画家の視点は、見られていることに気づいていない女性を盗み見ているかのように、ほぼ後ろからのものとなっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名54号室の女船客
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1896年 - 1896年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類リトグラフ
  • 高さ60.8cm
  • 横幅40.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 54号室の女船客の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。