作品概要

エグランティーヌ嬢一座》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1896年から1896年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

図像解説

これは、有名なパリのダンサーでありロートレックのミューズであったジャンヌ・アヴリルを描いたポスターの一つである。彼女は一座の一番左側に描かれている。

彼女らの脚、泡のようなペチコート、羽の帽子といった驚くべき構成の中で、ロートレックはまさに今目の前で彼女たちがフレンチ・カンカンを踊っているような、力強く動きのある興奮を呼び起こしている。一座は列になり、脚を交互に上げる、もしくはロン・ドゥ・ジャン(脚で半円を描く動作)を行っている。

制作の背景

ジャンヌ・アヴリルはロートレックに、フレンチ・カンカンのダンサー・グループであるエグランティーヌ嬢一座のロンドン公演のポスター制作を依頼した。メンバーは、ジャンヌ・アヴリル、エグランティーヌ、クレオパトラにガゼルであった。

ロートレックは彼女たちのイギリスでの公演を見たことがなかったが、ツアーに旅立つ前にムーラン・ルージュのようなキャバレーで彼女たちの踊りを見ていたかもしれない。本作は、一座の写真、鉛筆による簡潔なスケッチ、薄められた油絵具でのスケッチなどを元に描かれた。

影響など

明るい黄色の背景には、ピエール・ボナールの《フランス・シャンパン》や、ジュール・シェレのロココ様式風のポスターの影響がみられる。また、ハイヒールと黒いストッキングの脚が現われる、白い雲のような形のペチコートの平坦なデザインと流れるような線には、ジャポニズムの要素も見られる。

アヴリルは鑑賞者から遠いところにいるが、ロートレックは彼女を他のダンサーより前の位置に置き、より大きく脚をキックさせることで目立たせている。彼は魔法のようにこの独学の個性的なダンサーの本質を捉えている。オレンジ色の髪の毛、しなやかな姿と生き生きとしたハイ・キックの動きで、ロートレックはアヴリルを舞台のスターとして描き出している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名エグランティーヌ嬢一座
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1896年 - 1896年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類リトグラフ
  • 高さ61.4cm
  • 横幅79cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • エグランティーヌ嬢一座の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。