作品概要

ラ・ルヴュ・ブランシュ》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1895年から1895年で、ニューヨーク近代美術館などに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ラ・ルヴュ・ブランシュ》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1895年に制作されたリトグラフである。

制作の背景

「ラ・ルヴュ・ブランシュ」は、ベルギーで1889年に創刊された前衛芸術雑誌である。48ページにわたり、著名な作家や芸術家の作品を掲載し、日常生活への自然主義的アプローチにおいて高い評価を得ていた。

1895年、ロートレックは雑誌の発行人タデ・ナタンソンに依頼され、「ラ・ルヴュ・ブランシュ」の広告ポスターを制作した。モデルにはナタンソンの妻であるミシア・ゴデブスカを選んだ。

図像解説

最初のデザインでは、ミシアはアイススケートをしている姿で描かれていた。ロートレックはその後、モデルを強調するために場面をトリミングし、背景の細部すべてを消し去った。

ポスターの最終的なデザインでは、ダチョウの羽で飾られた黒いリボンの帽子と青い水玉模様のドレスを身に着けたミシアが描かれている。彼女の毛皮のストールとマフはオレンジの星形の装飾が施されていて、右手首には東洋風デザインの蛇のような腕輪をつけている。

芸術家たちのミューズとしてのミシア

彼女は洗練された、若々しく教養のある、魅力的な女性の典型として描かれている。そしてロートレックは、なぜミシアが「ラ・ルヴュ・ブランシュ」と関わるナビ派の多くの芸術家たち、特に彼女と恋に落ち、多くの作品で彼女を主題として描いた画家エドゥアール・ヴュイヤールのミューズになったのかということを、本作で自信を持って描き出している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名ラ・ルヴュ・ブランシュ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1895年 - 1895年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館など (アメリカ)
  • 種類リトグラフ
  • 高さ124.6cm
  • 横幅90.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ラ・ルヴュ・ブランシュの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。