作品概要

ジャンヌ・アヴリル(1899年)》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1899年から1899年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

制作の背景

1899年1月4日、ロートレックの母親は突然パリを去り、このことは彼の神経衰弱を引き起こした。彼の母親は不在がちの父親と違って、彼の人生の中ではいつもそばにいる存在であり、彼女がいなくなったことはは息子を無気力にした。一か月程療養所で過ごした後、ロートレックは退院した。

本作はその1899年に、画家の不変の支持者であったジャンヌ・アヴリルがロートレックに依頼したものであり、彼女のために制作された最後のポスターとなった。

モデルについて

ラ・グーリュや女道化師シャユカオのように、ジャンヌ・アヴリルはロートレックが好んで描いたパリの夜やショービジネスの一部であった。売春婦とイタリア貴族の娘であるジャンヌ・アヴリルは、ムーラン・ルージュでダンスを始め、デカダンでキャリアを形成してから、ディヴァン・ジャポネ、フォリー・ベルジェールなどで成功を収めた。きゃしゃで優美な容貌は夜の世界で目立ったが、彼女は舞台において、力強さと気品に満ち溢れたアクロバティックなダンサーであることを証明した。

当時でさえ彼女は「ダンスの化身」とみなされていた。画家の生涯の友人であったジャンヌは、ロートレックの他の作品でも描かれている。1893年には、ジャンヌと画家の名声を一様に上げた、ディヴァン・ジャポネやジャルダン・ド・パリのポスターにも登場している。

図像解説

この作品でロートレックは、曲がりくねるような踊りの動きを、傾いた体、画面の外にはみ出している凝ったヘッドドレス、黒いドレスの体に巻き付けた青と黄色の蛇のモチーフを描くことで強調している。ロートレックはこれ以前にも行っていたように、あらかじめスケッチをするのと同様、写真を元にして本作を描いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名ジャンヌ・アヴリル(1899年)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1899年 - 1899年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類リトグラフ
  • 高さ54.6cm
  • 横幅36.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジャンヌ・アヴリル(1899年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。