作品概要

カフェにて》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1891年から1891年で、ボストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《カフェにて》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1891年に制作された油彩画である。ボストン美術館に所蔵されている。

ドガの影響、ドガとの違い

ロートレックの同時代人の中でも、エドガー・ドガは確かに彼に多大な影響を与えている。二人とも同じモチーフ・主題に関心があり、同じ影響を受けている。本作には、ドガの《アブサン》を想起させるライバル意識の痕跡が見える。

ドガの作品はその内容よりも、日本の影響を明確に示す構成要素が重要なものとなっている。ロートレックはそれとは対照的に、カフェのテーブルに座るカップルを示すだけで甘んじているのではなく、彼らが自分たちの性質や彼ら自身を見つけ出す場面を描き出している。

モデルについて

描かれている人物のうち男性はロートレックの友人であったモーリス・ギベールであり、女性はおそらくシュザンヌ・ヴァラドンである。ギベールはアマチュア画家であり、シャンパン会社モエ・エ・シャンドンで働いていた。

ロートレックは、モーリス・ギベールが女性連れの堕落した人間という役を演じている写真を元に本作を描いた。1880年代より、ロートレックは写真を元にして作品を描くことを始めている。

作品の原題《At the Café La Mie》は、売春婦のサービスに対し支払いをしない顧客を表す19世紀のスラング「Un miché à la mie」から来ている。この言葉遊びは、果たして彼らの関係性を意味しているのだろうか。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名カフェにて
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1891年 - 1891年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ボストン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩画
  • 高さ53cm
  • 横幅67.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • カフェにての感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。