作品概要

アトリエのプランストー》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1881年から1882年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1881年、ロートレックは画家ルネ・プランストーより指導を受けていた。プランストー独自の力強い画法や色調を採用したロートレックのこの作品は、若手画家から師匠への敬意を表している。

《ラタポワル》の影響

当時のロートレックのスタイルから見て、オノレ・ドーミエとその風刺様式の影響が及んでいることは明らかである。プランストーの姿は、オノレ・ドーミエによる《ラタポワル》の彫像、および1850年から1851年にかけて風刺雑誌「シャリヴァリ」に発表したリトグラフを想起させる。ナポレオン・ボナパルトの支持者であり扇動者であるひょろ長いラタポワルは、ドーミエが作り出した架空の存在であり、ナポレオン政権を批判する手段であった。

この作品で、ロートレックは政治的な意味を排し、ひょろ長い姿と力強さという形式だけを真似た。この特徴づけは、師匠に対するいたずら的なお遊びであったかもしれない。

図像解説

ロートレックは、筆とパレットを持ち、椅子のひじ掛けに寄りかかるプランストーを、散らかったアトリエの中央に配置した。彼は、馬の絵画、彫像、イノシシの頭など、その人生と絵画制作をほ​​のめかす小道具に囲まれている。さらにこっけいな要素は、肖像画のためにシルクハットなどで着飾ったプランストーが、壁のイノシシの頭と向き合っているように見える点である。

この絵画は、やや未完成のような仕上がりや多彩な色調という、プランストー独自の技法に従っている。この作品を描いた当時のロートレックの野望は、彼の両親が賞賛するようなやり方で、スポーツ画家になることであった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名アトリエのプランストー
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1881年 - 1882年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ54cm
  • 横幅46cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アトリエのプランストーの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。