作品概要

食道の女性達》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1893?年から1894?年で、ブダペスト国立西洋美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《食道の女性達》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1893年頃に制作された油彩画である。ハンガリーにあるブダペスト国立西洋美術館に所蔵されている。

制作の背景

パリの売春宿においてその日常を描いていた時期に制作された本作は、画家と売春婦との親交が生んだ自然な気楽さをはっきりと描き出している。彼の友人であり、悪友でもあった作家ロマン・クールスは、2人が売春宿に住んでいたという説を否定しているが、この作品はロートレックが得ていた彼女達の信頼の度合いを示しているため、その否定は疑わしい。

ロートレックは、休憩中にくつろいでいる彼女たちを容易に主題にすることができた。彼は売春宿での日常生活の中に、パリ中心部の生々しい本質を見出した。

図像解説

女性の顔の幽霊のような白さに対し、二人の女性が着ている明るいピンク色のガウンが映えている。印象的なマスクのような顔をしている二人は、壁を模したボール紙の茶色い地の色に対して際立っている。左端に描かれた赤毛の娼婦の白い袖は、テーブルのあらゆる場所に女性がいることを示唆している。

女性たちの背後にある鏡は、青白い顔や背中を映している。三人の向かい側に座っている画面外の女性の、グロテスクで唇の腫れたほとんど悪意に満ちた鏡像は、テーブルの上座で徐々に消えゆく美と戦っているように見える。「かつては美しかった売春婦」もまた、この作品の主題となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名食道の女性達
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1893?年 - 1894?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ブダペスト国立西洋美術館 (ハンガリー)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ60.3cm
  • 横幅80.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 食道の女性達の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。