作品概要

ブルトン人の姉弟》は、画家のウィリアム・アドルフ・ブグローによって制作された作品。制作年は1871年から1871年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

モデルとテーマ

本作は1860年後期、避暑地として訪れていたブルターニュで描いたスケッチが基となっており、画自体はブグローのアトリエで1871年に完成した。この若いモデルたちは伝統的なブルターニュ衣装に身を包み、典型的で牧歌的な姉弟の愛情を感じさせる。

ブグローは神話的なテーマを題材にした絵画が最も有名であるが、19世紀フランスの庶民的な日常を描いた作品も数多く残している。《ブルトン人の姉弟》では若い女性が年の離れた弟を抱き、その時代の小作農の服を着て、裸足で座っている。

情景のメッセージ

彼らの後ろには森林の開拓地が広がっている。ヨーロッパ全土にわたり産業革命が起こっている中、農村部の田園風景はロマンチックさが増していった。同様の手法で、ブグローは日常の人々を神話的なキャラクターへと変化させた。永久的な理想の象徴、まるで自然の妖精のように描いた。

この画に込められたメッセージは、ブグローの時代では失われてしまったものがあるかもしれないが、この長い間忘れ去られてしまった世界を回顧し、私たち21世紀に住む人たちには彼が成し遂げたものが確実に届いている。

ブグローへの評価

このようなタイプの情景にアメリカ人コレクターたちはこぞって飛びつき、ブグローに名声と財産をもたらした。しかし、国際的な高評価とは裏腹に、芸術界では伝統を打ち破り、前衛的で近代的な作風が主流となっていったため、1905年のブグロー死後、急速に彼の作品は流行からこぼれ落ち、鑑定家たちにも忘れ去られてしまった。

それから何十年も経ち、1970年代後半から80年代にかけて芸術団体に再発見され、再び美術商や世の中の注目を集めるようになった。現在では再び人気の画家、作品となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・アドルフ・ブグロー
  • 作品名ブルトン人の姉弟
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1871年 - 1871年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油絵
  • 高さ129cm
  • 横幅89cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ブルトン人の姉弟の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。