作品概要

地獄のダンテとウェルギリウス》は、画家のウィリアム・アドルフ・ブグローによって制作された作品。制作年は1850年から1850年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ブグローは1848年、1849年と2回続けてローマ賞を逃し、この年はリベンジに燃えていた。本作のサロン提出が早かったことからも、成功への凄まじい執念が窺える。1849年に描いた非常に野心的な絵画《死の前の平等》の後、若かりし頃のブグローはもう一度大きな印象を世の中に与えたいと考えていた。

作品の背景

本作はロマン主義の人々に愛され、ドラマチックな美しさを全て兼ね備えたダンテの作品からインスピレーションを得て、《死の前の平等》よりもさらに大きなサイズのキャンバスに描いた。この情景はダンテの代表作「神曲」から、インフェルノ(地獄篇)の第八圏、偽造者と偽造物の圏の短いシーンが基となっている。

ダンテはウェルギリウスに同行し、地獄に永久追放となった二人の魂が戦うところを見ている。襲われ、首に噛みつかれているのは邪教徒の錬金術師であるカポッチオ。噛みついている方がジャンニ・スキッキ。不正に遺産相続をしようと死んだ男性の身分を奪おうとした男だ。

大胆な構成とテーマ

評論家であり、詩人のテオフィル・ゴーティエはこの画を大絶賛した。「ジャンニ・スキッキがライバルであるカポッチオに、異様な怒りを持って飛びかかる様子をブグロー氏は筋肉、神経、腱、歯、二人の闘士のもみ合いを通じて見事に描いている。このキャンバス上には苦しさと強さがある。強さ、なんて珍しい特徴だろう!」

実際、ブグローは非常に大胆な形を見せている。彼は美の境界を探っている。筋肉構造を歪みが出るほど誇張し、ポーズも誇張し、色と影のコントラストを強くし、怪物のような姿と何人もの永久追放された魂を描いている。

この画は特に、ブレイク(1757-1827)、フュースリー(1741-1825)、ローレンス(1769-1830)といったロマン派の崇高な視点を思い起こさせる。この画に描かれているもの全てがおぞましさと恐怖を強調している。しかしその後、ブグローは決してこのようなテーマに戻ってくることはなかった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・アドルフ・ブグロー
  • 作品名地獄のダンテとウェルギリウス
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1850年 - 1850年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ281cm
  • 横幅225cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 地獄のダンテとウェルギリウスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。