作品概要

マルセル・ランデール嬢、胸像》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1895年から1895年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《マルセル・ランデール嬢、胸像》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1895年に制作されたリトグラフである。

モデルについて

ロートレックは、19世紀末のパリの劇場を彩った俳優や女優に魅了されていた。その中でも、マルセル・ランデールは主役級のスターの一人であった。この作品で、彼女は豪華なステージ衣装に身を包んだ力強く魅惑的な女優として描かれている。

8つの石版で8つの色を表現したこの非常に複雑な作品は、ロートレックがリトグラフという媒体に精通していた証である。彼は卓越した技量で、洗練された構成と鮮やかな色の作品を作り上げた。本作は、1895年にドイツの雑誌「パーン」が英語版とフランス語版の両方で出版するなど、大きな技術的成果をもたらした。

描写

18世紀後半から19世紀初頭にかけて歌舞伎俳優の肖像を描いた写楽や歌川豊国などの木版画の巨匠の伝統に従って、ロートレックはランデールの頭部と肩のみに焦点を当てることを選んだ。窮屈にトリミングされた構成によって女優の表現に注意を払うことで、作品のインパクトを強めている。

ランデールは聴衆を見下ろしているように見える。オレンジの髪、細く整えられた黒い眉、やや開かれた赤い口紅の唇などに見られる彼女の印象的な輝きで、彼女が舞台で役に深く没入していることがわかる。また、青いボディスに挟みこまれた明るいピンクの花、頭の両側に扇状に広がる巨大なヘアピースは、彼女の白いデコルテを引き立たせている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名マルセル・ランデール嬢、胸像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1895年 - 1895年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類リトグラフ
  • 高さ32.8cm
  • 横幅24cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • マルセル・ランデール嬢、胸像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。