作品概要

サーカスにて、スパニッシュ・ウォーク》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1899年から1899年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《サーカスにて、スパニッシュ・ウォーク》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1899年に制作された絵画である。メトロポリタン美術館に所蔵されている。

制作の背景

トゥールーズ=ロートレックは、1880年代後半から1890年代にかけて商業画家としての人気が高まるのと同時に、サーカスを主題とした数多くの絵画やスケッチを制作した。19世紀末のパリではプロ・サーカスが多数催され、ロートレックは頻繁にそうしたサーカスを訪れていた。彼はサーカスのパフォーマー、すなわち社会の「周辺」にいた馬術家、動物調教師、ピエロ、曲芸師たちに個人的に引き付けられていた。

この作品では、馬と騎手がウィーンのスペイン乗馬学校により様式化された「スパニッシュ・ウォーク」を披露しているところが描かれている。

サナトリウム時代の作品

この作品は、1899年、アルコール依存症の治療のためパリの外れのサナトリウムにいた時期に制作された。その時期、ロートレックはクレヨンやチョークでサーカスの人物を多数描いていた。これらの想像的なスケッチは予備的な習作に頼ることなく、完全に記憶から描かれたものだった。

こうしたサーカスのスケッチは、画家の健康状態の改善を医師たちに印象づけることとなり、ロートレックがサナトリウムから出ることの助けとなった。ロートレックが病院を去ったとき、「俺はスケッチで退院した」と述べたと言われている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名サーカスにて、スパニッシュ・ウォーク
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1899年 - 1899年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類黒鉛、パステル、チャコール
  • 高さ35cm
  • 横幅25cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • サーカスにて、スパニッシュ・ウォークの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。