作品概要

庭に座る女性》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1890年から1890年で、バーバー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《庭に座る女性》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1890年に制作された油彩画である。イギリス・バーミンガムにあるバーバー美術館に所蔵されている。

図像解説

ロートレックは座った人物を珍しいスタイルで描き出している。この作品では、若い女性が後ろからほぼ横顔の状態で描かれている。ロートレックは、同年描いたバスーン奏者デジレ・ディオーの絵画で描いたのと同じ庭園で、別人の鏡像を作り出した。どちらの作品でも、人物は同じバルーンバックチェアに座っている。

人物描写

モデルとなっている若い女性の顔は、ほとんどわからない。注目すべきは、彼女の鮮やかな赤毛が複雑な形に編み上げられていることである。匿名のモデルと同じく髪型を主に描写していることから、この絵は「編んだ髪」(La tresse)とも呼ばれている。

描かれた空間

この作品は、ロートレックの好んだパリの場所を示す好例である。モンマルトルの夜のにぎやかで混沌とした場面とは対照的に、壁に囲まれた庭園は静かな聖域となっている。この主題の珍しい点は、ロートレックが庭園内で人物を描くことから、内と外両方の空間の探求へと逸脱していることである。この空間はどうにでも解釈できるが、壁の細部は、女性がビストロテーブルの外側に座っていることを示唆している。

空間的なあいまいさとは別に、ロートレックの色調には変化が見られる。鮮やかな色が少なくなっており、線や筆遣いでより雰囲気を醸し出している。この作品においてロートレックは、さまざまな画法を模索しているようである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名庭に座る女性
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1890年 - 1890年
  • 製作国フランス
  • 所蔵バーバー美術館 (イギリス)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ49.4cm
  • 横幅31.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 庭に座る女性の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。