作品概要

白いブラウスの赤毛の女》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1887年から1887年で、ボストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《白いブラウスの赤毛の女》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1887年に制作された油彩画である。ボストン美術館に所蔵されている。

技術面の変遷

この美しい色合いのカルメン・ゴーダンの肖像は、ロートレックのアトリエで座る若い労働者階級の女性の一時的な人格を捉えている。この作品は、ロートレックの画家としての変遷を理解するために重要な働きをしている。色調と筆使いは、印象派や後期点描画法への関心の高まりによりインスピレーションを得たものとなっている。

肖像画としての性格

ロートレックはもはやカルメンに、アリスティード・ブリュアンの歌や自然主義小説の物語に登場するようなキャラクターの役割を与えてはいない。これはカルメン・ゴーダンの肖像画である。彼女は控えめで内気な若い女性であり、1884年から約5年間、ロートレックが好んで描いたモデルであった。彼女は暗い目で、注意深く、しかししっかりと画家と向き合っている。

描写

ロートレックは美術界の新しい傾向を受け入れた。彼女の顔を白、淡黄色、ピンクの色調で描き、色相環の反対側の補色で影を描いた。唇は赤で強調されている。梳かされていない髪はオレンジ、赤と黄色で塗られ、茶色と緑のより暗い色合いで影をつけて描かれている。これらはすべて、軽やかで小さな筆使いで描かれている。

カルメンは、《モンルージュにて、赤毛のローザ》や《洗濯女》のように、売春婦の役割を演じているときの外見とは対照的な、高い襟のフォーマルなシャツを着用している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名白いブラウスの赤毛の女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1887年 - 1887年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ボストン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ55.9cm
  • 横幅46.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 白いブラウスの赤毛の女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。