作品概要

同情》は、画家のウィリアム・アドルフ・ブグローによって制作された作品。制作年は1897年から1897年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ブグローはこの絵画を2回出展しており、特に誇らしくお気に入りだったと思われる作品だ。1度目は1897年のフランス芸術家協会サロン、2度目は1900年の国際博覧会で展示された。

題材

委員会の圧迫から自由になり、サロンのために描かれた《同情》はブグローの熟練技が申し分なく反映されている。この名作に詰め込まれたもの、全てが彼の伝統的価値に対する信念を物語っている。

歴史画の中では宗教画が頂点とされていた中、題材として選んだ「キリスト」というテーマはジャンルのヒエラルキーと一致しており、非常に有名で不朽の構成がこの情景をさらに誇張し、完璧な図法と描く技術、全てが備わっている。

悲劇の表現

この画には「十字架にかけられたキリスト」以上の意味がある。ブグローはこの話の悲劇的な面を強調するためにタイトルを《同情》としており、この言葉は福音書の一節に直接基づいているものではない。

作品のドラマチックな性質は、世俗的な題材にも新しい命を吹き込んだ。キリストの磔刑という数多くある題材を扱いながら、例えば、ニコライ・ゲーが描いた《磔刑》のように苦難が誇張されすぎることもなく、また違った新しい表現となっている。

この画には死を伴う苦しみに取りつかれた気持ちが反映されているという人もいる。事実、ブグローは深い悲しみに嘆く不幸が何度もあった。これまでに3人の子供を亡くし、妻のネリーも亡くしている。そしてその後、1900年にはもう一人子供を亡くすことになる。その気持ちがさらに表現に深みを加えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・アドルフ・ブグロー
  • 作品名同情
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1897年 - 1897年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ280cm
  • 横幅130cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 同情の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。