作品概要

急襲》は、画家のウィリアム・アドルフ・ブグローによって制作された作品。制作年は1898年から1898年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

絵画構成

《急襲》では自然の中で女性が古代ギリシャ風の長くて白いガウンを着て、足を組んで座り、自分の胸に手を当て、どこか遠くを見つめている様子が描かれている。彼女の周りには7人の天使が囲み、どの天使も女性に注目してほしそうな表情で、彼女の恋を芽生えさせようとしている。

ひざをつき、両手を合わせてお願いするような天使がいれば、彼女の膝の上にもたれかかっている天使の姿もある。どの天使も動きがあり、そこら中にいるような印象を受ける。とても騒がしい感じに見えるが、女性はまるで夢を見ているかのような表情をしており、天使たちの姿など目に入らない様子だ。

背景には緑が生い茂り、白とピンクの花がポツポツと散りばめられている。しかし、空は非常に暗い色で塗られており、明るく薄い色がメインとなっている中央の人物たちとの美しいコントラストが演出されている。

商業性と大衆人気

《急襲》はブグローの人生に大きな商業的成功をもたらした作品の一つで、特にアメリカで話題となった。1898年のフランス芸術家協会サロンに本作が展示された時、画家のジーン・ジョゼフ・ベンジャミン・コンスタントはあまりの興奮にこのように叫んだという。

「これが真実の急襲だ!ああ!女の子が囲まれている!女の子が襲われている!愛の使者たちはとても可愛い姿で来ている、そしてなんて非凡で大胆な画法だろう!」

この絵画は大衆の趣向と完璧に合致した、典型的なスタイルの作品と言える。題材となっている「恋愛の目覚め」は確実な人気があり、神話的な設定は時間が経つにつれて、絵画の優美さと魅力をさらに湧き上がらせる。

新しい古典表現

事実、ブグローは古代ギリシャや古代ローマのテイストに逆行していったのだが、18世紀の巨匠たち(例えば、ジョゼフ=マリー・ヴィアン、1716-1809)の模倣を通じ、その古さを円熟させる視点も織り交ぜられていった。このわかりやすい象徴性と素晴らしい技術が説得力を持ち、バイヤーたちの繊細な感受性をもてあそびつつ、味方につくように引き込んでいった。

このロマンチックな感性あふれるテーマを持ち、同様の構成をもった絵画がこの後にも多数発表された。ブグローが市場要因に対して非常に鋭く、意識していたことの証明だ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・アドルフ・ブグロー
  • 作品名急襲
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1898年 - 1898年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ153cm
  • 横幅105cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 急襲の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。