作品概要

アンバサドールのアリスティード・ブリュアン》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1892年から1892年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

パリの夜を描いた画家

トゥールーズ=ロートレックが主に描いた主題は、モンマルトルのナイトクラブの歌手、ダンサー、パトロンなどが占めるパリの享楽的な裏世界であった。フランスの貴族の家に生まれたロートレックは、遺伝的要因により脚の成長が止まっていた。長い回復期の​​間に絵画制作を奨励され、画塾で専門的な絵画修業を許可された。ロートレックは特にドガを賞賛し、彼の独特な遠近法や大胆な社会的リアリズムを模倣した。ロートレックはまた、カラー・リトグラフという新しい媒体をマスターし、鋭い線画デザインが印象的なポスターやイラストなどを制作した。

モデルについて

シャンソン歌手アリスティード・ブリュアン(1851-1925)は、パリに来た当初は弁護士事務所の事務員として働いていた。その後鉄道会社で働いた後、キャバレーの歌手となった。彼自身のキャバレー「ル・ミルリトン」がオープンした1885年から、アナーキズムや下品な冗談で彩られることもあったシャンソンの歌手として活動した。

制作の背景

ブリュアンは雑誌「ル・ミルリトン」を出版し、そこにロートレックによるイラストを載せていた。1892年にキャバレー・アンバサドールに出演したとき、彼はロートレックがデザインしたポスターで全会場を覆い、パリの至るところに展示するよう責任者に指示した。そうすることで、ブリュアンはロートレックの名声、および彼自身の名声を上げることに大きく貢献した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名アンバサドールのアリスティード・ブリュアン
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1892年 - 1892年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類リトグラフ
  • 高さ141cm
  • 横幅98cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アンバサドールのアリスティード・ブリュアンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。