作品概要

サロン・デ・サンのミュシャ展のためのポスター》は、画家のアルフォンス・ミュシャによって制作された作品。制作年は1897年から1897年で、ミュシャ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《サロン・デ・サンのミュシャ展のためのポスター》はアルフォンス・ミュシャによって1897年に制作されたリトグラフ作品である。この作品は雑誌『ラ・プリュム』の発行元であるラ・プリュム芸術出版社の運営する展示会場「サロン・デ・サン」で1897年6月に開催された「ミュシャ展」の宣伝のために制作された。この展覧会はミュシャにとって2回目の個展であった。

作品

画面上部の「サロン・デ・サン」という文字の下に、座った少女の腰から上が画面いっぱいに描かれている。少女は左手に紙とペンを持ち、その紙にはハートと3つのリースが重なった図案が描かれている。雛菊、いばら、果物のリースとハートのモチーフについては様々な解釈が与えられてきたが、その真意は現在でもよくわかっていない。少女のもう片方の手は口元を覆っていて、そのために少女の視線は強調されて鋭く見る者に迫ってくる。

彼女は頭にモラヴィア(チェコの一地方)特有のボンネットをかぶり、モラヴィアの象徴である雛菊の花輪をかぶっている。それによってミュシャは自身の出自を明らかにしているのである。画面はピンクの濃淡でまとめられ、その中で少女の髪の曲線と少女の持つ紙の直線が鋭い対比を示している。

後世への影響

このポスターは日本において与謝野晶子やその夫与謝野鉄幹らが活動の場としていた雑誌『明星』でミュシャの他のポスターと並んでしばしば紹介された。浮世絵から影響を受けたミュシャのデザインは日本人の感性にも受け入れやすく、また当時のヨーロッパの最先端のデザインとして、新しい芸術雑誌『明星』にふさわしいと考えられたのだろう。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフォンス・ミュシャ
  • 作品名サロン・デ・サンのミュシャ展のためのポスター
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1897年 - 1897年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ミュシャ美術館 (チェコ)
  • 種類リトグラフ
  • 高さ66.2cm
  • 横幅46cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • サロン・デ・サンのミュシャ展のためのポスターの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。