作品概要

踊るジャンヌ・アヴリル》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1892?年から1892?年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

モデルについて

ラ・グーリュや女道化師シャユカオのように、ジャンヌ・アヴリルはロートレックが好んで描いたパリの夜やショービジネスの一部であった。売春婦とイタリア貴族の娘であるジャンヌ・アヴリルは、ムーラン・ルージュでダンスを始め、デカダンでキャリアを形成してから、ディヴァン・ジャポネ、フォリー・ベルジェールなどで成功を収めた。

きゃしゃで優美な容貌は夜の世界で目立ったが、彼女は舞台において、力強さと気品に満ち溢れたアクロバティックなダンサーであることを証明した。当時でさえ彼女は「ダンスの化身」とみなされていた。

画家の生涯の友人であったジャンヌは、ロートレックの他の作品でも描かれている。1893年には、ジャンヌと画家の名声を一様に上げた、ディヴァン・ジャポネやジャルダン・ド・パリのポスターにも登場している。

描写

ロートレックは、テレビン樹脂で希釈された油絵具の流動性を利用することで、ダンスの優美なシルエットやキックの力強さを捉えている。力と簡潔さを備えた画家に典型的な技法を用い、ダンサーの動きの本質を太い筆致で描いている。場面には、彼女がソロナンバーを踊っていた舞台のいくつかの要素が描かれている。

二人の人物が背景に描かれ、残りの画面はほとんど空白になっている。帽子の女性が誰なのかは不明であるが、彼女の左にいる男性は、《ムーラン・ルージュの英国紳士》として知られている有名なリトグラフのモデルである画家のワーレナーである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名踊るジャンヌ・アヴリル
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1892?年 - 1892?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ85.5cm
  • 横幅45cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 踊るジャンヌ・アヴリルの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。