作品概要

ひとり》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1896年から1896年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ひとり》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1896年に描かれた油彩画である。フランス・パリにあるオルセー美術館に所蔵されている。

制作の背景

本作は、1896年に出版されたロートレックの版画集「エル」の中で「Lassitude(倦怠)」という画題で発表されたリトグラフのためのスケッチである。乱れたベッドであおむけに横たわっている女性が描かれている。

「エル」は、画家と親しかった売春婦たちを描いた画集である。彼は1892年頃より売春宿を頻繁に訪れており、休憩中の女性を観察するためにそこに長く留まることができた。

売春の世界

トゥールーズ=ロートレックは、当時の自然主義の作家、ゾラ、モーパッサン、ユイスマンス、ゴンクールらとは違い、道徳的な判断なしに売春の世界を見ていた。プロのモデルに従来のポーズをとらせて描くのではなく、無意識に、気の向くままに振る舞う女性達の姿を描くことを好んだ。

描写

瞬間的なイメージを描き出すために、ここでは流れるように速い筆致が使われている。顔のぼやけたこのモデルは、完全に気の抜けた姿勢で、ありのままの瞬間を捉えられている。黒いストッキングは、微かに描かれたシーツのひだと対照になっている。

近代生活の画家であったトゥールーズ=ロートレックはこの作品で、ピカソの「青の時代」と同じように、グスタフ・クリムトやエゴン・シーレの表現主義を先取りしている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名ひとり
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1896年 - 1896年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ31cm
  • 横幅40cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ひとりの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。