作品概要

フィゲラス付近の風景》は、画家のサルバドール・ダリによって描かれた作品。制作年は1910年から1910年で、個人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「フィゲラス付近の風景」は1910年、スペイン人画家のサルバドール・ダリによって描かれた絵画である。この絵画はダリの初期の絵画として知られる作品のひとつであり、彼が6歳頃に描いた作品である。サルバドール・ダリの画家としてのキャリア形成初期、最初に受けた影響は印象派の動きであった。この絵画はダリの印象派期の最も純粋な例のひとつである。立体派とシュルレアリスムの構成を生み出し始めた、1920年代までの10年以上の間ダリは、いっそう才能あふれる色彩と光を用いた作品を生み出していた。

「フィゲラス付近の風景」はおよそ1928、1929年頃まで続いた、サルバドール・ダリの最初の開発期に完成された作品であり、この開発期はシュルレアリスム以前に当たる。ダリはこの発展期に、特にバロック式、古典派、印象派、立体派といった現存する美術様式を真似、習得した。したがってこの作品は、ダリが初期に関心を寄せていた印象派の良い例となっている。

「フィゲラス付近の風景」は14x9cmのポストカードに描かれた油絵であり、空にあたる部分が薄く描かれているため、ポストカードのデザインの一部が透けて見えるようになっている。この作品は以前、ニューヨーク州クイーンズ、アストリア在住のアルバート・フィールド氏の私蔵のひとつであったが、現在はフロリダ州セントピーターズバーグに所在するザ・ダリ・ミュージアムの常設展の一部となっている。

基本情報・編集情報

  • 画家サルバドール・ダリ
  • 作品名フィゲラス付近の風景
  • 制作年1910年-1910年
  • 製作国不明
  • 所蔵個人蔵
  • 種類油絵
  • 高さ14cm
  • 横幅9cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • フィゲラス付近の風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。