作品概要

鏡の前の女性》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1897年から1897年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《鏡の前の女性》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1897年に描かれた油彩画である。アメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵されている。

パリの夜を描いた画家

トゥールーズ=ロートレックが主に描いた主題は、モンマルトルのナイトクラブの歌手、ダンサー、パトロンなどが占めるパリの享楽的な裏世界であった。フランスの貴族の家に生まれたロートレックは、遺伝的要因により脚の成長が止まっていた。長い回復期の​​間に絵画制作を奨励され、画塾で専門的な絵画修業を許可された。ロートレックは特にドガを賞賛し、彼の独特な遠近法や大胆な社会的リアリズムを模倣した。ロートレックはまた、カラー・リトグラフという新しい媒体をマスターし、鋭い線画デザインが印象的なポスターやイラストなどを制作した。

図像解説

売春婦が、彼女の姿を明らかにする鏡の前に裸で立っている。 彼女はちょうど勤務時間を終えたところであり、義務的な黒のストッキング以外は何も身に着けていない。

売春婦の怠惰で浮世離れした生活は、ロートレックのもっとも強力な作品の主題であった。ロートレックは約50の作品で売春婦を扱い、この作品の前年に完成した一連のカラーリトグラフ、「エル」を含む多数の絵画や印刷物を制作した。

ロートレックは、女性の裸体をむやみに褒めそやしたり、鏡に映る表情を暴いたりすることはしなかった。絵の中の彼女は、単に自分自身を容赦なく品定めしているように見える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名鏡の前の女性
  • 分類絵画
  • 制作年1897年-1897年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ62.2cm
  • 横幅47cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 鏡の前の女性の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。