作品概要

パン籠(恥辱よりは死を!)》は、画家のサルバドール・ダリによって制作された作品。制作年は1945年から1945年で、ダリ劇場美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『パン籠』(別題『パン籠〜屈辱より死を〜』)は1945年にスペインの超現実主義画家、サルバトール・ダリによって描かれた作品でありヨーロッパ復興計画におけるプロパガンダに採用された経歴を持つ。

この作品ではひとかたまりのパンが籠に収められておりテーブルのふちぎりぎりに置かれている。ダリは作品中でパンを用いるとき、それを単なる食料として描くことは少ない。彼は作品中でのパンの役割についてこう語っている。

「パンは私が初めてフェティシズムと執念を題材として描いたものであり、私が畏敬の念を抱いた最初で最後のものである。私は19年前にも同じような作品を描いた。よく注意して二つの作品を見比べてみるといい。皆さんは目の当たりにするだろう。原始主義から芸術至上主義へと移り変わっていく歴史を。」

またこの作品は原爆が投下された日本を描いたものであるとも言われている。ダリはこう言っている。

「私の芸術の最終目標は爆発寸前の下渋りである。」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家サルバドール・ダリ
  • 作品名パン籠(恥辱よりは死を!)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1945年 - 1945年
  • 製作国不明
  • 所蔵ダリ劇場美術館
  • 種類油彩
  • 高さ13cm
  • 横幅17cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • パン籠(恥辱よりは死を!)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。

    1. 最近絵画に感化された高2です

      パンのどういうところに最初で最後の畏敬の念を抱たのだろうか、、
      そこのところを知りたいです。