作品概要

ムーラン・ルージュに到着するラ・グーリュ》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1892年から1892年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ムーラン・ルージュに到着するラ・グーリュ》はフランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1892年に描かれた油彩画である。ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

パリの夜を描いた画家

トゥールーズ=ロートレックが主に描いた主題は、モンマルトルのナイトクラブの歌手、ダンサー、パトロンなどが占めるパリの享楽的な裏世界であった。フランスの貴族の家に生まれたロートレックは、遺伝的要因により脚の成長が止まっていた。長い回復期の​​間に絵画制作を奨励され、画塾で専門的な絵画修業を許可された。ロートレックは特にドガを賞賛し、彼の独特な遠近法や大胆な社会的リアリズムを模倣した。ロートレックはまた、カラー・リトグラフという新しい媒体をマスターし、鋭い線画デザインが印象的なポスターやイラストなどを制作した。

モデルについて

ラ・グーリュとして知られるルイーズ・ウェバー(1870-1929)は、当時最も成功したフレンチ・カンカンのダンサーであった。彼女はムーラン・ド・ラ・ギャレット、アルカザール、エリゼ・モンマルトル、ジャルダン・ド・パリ、そしてムーラン・ルージュなどで、パートナーである曲芸師ヴァランタンと共にカドリーユを踊った。彼女は尽きない食欲の持ち主だったため、「ラ・グーリュ(大食い)」というニックネームを与えられた。

アルザス出身のラ・グーリュは、ダンサーをする前は洗濯女として働いていた。1895年、あまりにも太ってムーランルージュに出演できなくなったとき、彼女はロートレックによって装飾された自身のショーブースを開いた。その後、彼女は花売りやレスラー、動物の調教師としても働いた。1925年、彼女を共進会に出演させた男と暮らした後、売春宿のメイドとして働き、孤独と貧困の中亡くなった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名ムーラン・ルージュに到着するラ・グーリュ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1892年 - 1892年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ79cm
  • 横幅59cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ムーラン・ルージュに到着するラ・グーリュの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。