作品概要

鏡の前の自画像》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1882年から1882年で、トゥールーズ=ロートレック美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《鏡の前の自画像》はフランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1882年に描かれた油彩画である。トゥールーズ=ロートレック美術館に所蔵されている。

画家の生い立ち

アンリ・マリー・レイモンド・ド・トゥールーズ=ロートレック=モンファ――この長い名前は彼の高い社会的地位を反映している――は、南フランスの貴族の家に生まれた。特権階級の暮らしの中で育った彼は動物を愛し、乗馬を好んだ。 生まれながらに病弱だった彼の骨は弱く、二度の大きな事故で両足の大腿骨を骨折した後、脚の成長が止まってしまった。ロートレックが成人したときの身長は152cmで、上半身は大人だが脚は子どものままだった。

図像解説

これは、トゥールーズ=ロートレックが描いた数少ない自画像の一つである。ロートレックは自身の外見についてとてつもない自意識があった。これは画家自身が焦点となっている唯一の作品である。

この作品では、油絵具(樹脂で薄くしたもの)を使用してボール紙に直接塗りつけることで、ゆるやかな写生画風の効果が作り出されている。彼は成熟した画家としての感性にこの技法を適応させ、生涯のキャリアを通して使い続けた。

ここで、ロートレックは文字通り、そして比喩的に出現している。筆致のゆるやかさは印象派を学んだことをはっきりと示しているが、ここではおそらく不吉な気配、そして印象派の色調の軽快さに反する場面の深みとして、暗闇が描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名鏡の前の自画像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1882年 - 1882年
  • 製作国フランス
  • 所蔵トゥールーズ=ロートレック美術館 (フランス)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ40.3cm
  • 横幅32.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 鏡の前の自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。