作品概要

羊飼いがいる風景》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1645年から1646年で、ブダペスト美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《羊飼いがいる風景》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1645年から作成し、一年かけて1646年にて完成させた油彩画作品である。

現在、この作品はハンガリーのブダペストにあるブダペスト美術館にて所蔵されている。この作品の裏側には、刻印が刻まれており、その刻印によると、この絵は恐らくパムフィルという名の王子宛に描かれた作品である。

作品のスタイルについて

ニコラ・プッサンと同様、ロランはフランスのロレーヌ出身だが、その後ローマへ渡り、そこでアーティストとして活躍していた。その当時、風景画をメインとして描いているイタリア当地の画家は数少なく、ロランのような他の国(主に、フランス、ドイツ、そしてオランダ)から来た芸術家がイタリアの風景を描く事に熱中していた。

ロランは他数名のフランス出身のアーティストと共に、理想風景というタイプの風景画ジャンルを確立した。理想風景は神話や古典から物語を引用し、それに似合った現実の風景と古風な遺跡や建物を融合させ、現実と想像が調和された風景画のことを形容する言葉である。

作品自体について

ブダペスト美術館にて所蔵されている本作品はローマ近郊に位置するとある別荘を描いている。絵に描かれている別荘は穏やかな午後の太陽を浴びており、絵の全体も午後ののんびりとした雰囲気を出している。影がすでに伸びている前景では、水の表面に羊飼いと羊の群れの姿が反射されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名羊飼いがいる風景
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1645年 - 1646年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ブダペスト美術館 (ハンガリー)
  • 種類油彩画
  • 高さ68.8cm
  • 横幅91cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 羊飼いがいる風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。