作品概要

ハガルの追放》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1668年から1668年で、アルテ・ピナコテークに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ハガルの追放》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1668年、イタリアにて作成した油彩画作品である。

現在、この作品はドイツのミュンヘンにあるアルテ・ピナコテークにて所蔵されている。

作品の物語について

《ハガルの追放》は聖書内に書かれた物語を由来に描かれている。主人公であるハガルはサラの侍女であり、アブラハムの最初の息子、イシュマエルの母親でもある。サラの息子であるイサクが生まれたとき、イシュマエルは自分の弟を嘲笑し、サラはアブラハムに彼を母親のハガルと共に彼を追放するよう頼んだ。

アブラハムは追放されたハガルとイシュマエルにパンと水を与え、彼女たちをベエルシェバの砂漠に送った。水が費やされたとき、ハガルとイシュマエルは死ぬために茂みの下に座り、泣き叫んでていた。しかし、その後天使が現れ、近くに水の井戸があることを2人に教え、2人の命を助けた。

この物語の2つのシーン、追放の場面と天使が登場する場面、を作品にするのは17世紀のイタリア及びオランダで流行っていた。

作品のスタイルについて

《ハガルの追放》とアルテ・ピナコテークにて所蔵されているロランのもう一枚の作品、《ハガルと天使がいる風景》は両方共朝と夕方の風景をテーマとした作品である。ロランの作品は風景をメインとして描いており、人物はそれ程重要ではないが、この作品において、ハガルとイシュマエルはは涼しい朝の不愉快な性質を反映しているのであるとも言える。

《ハガルの追放》のような絵やペンダントが人気になった理由は、デザインが正式な部屋に掛けるのにお似合いだったので、コレクターにとっては大変好評であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名ハガルの追放
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1668年 - 1668年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵アルテ・ピナコテーク (ドイツ)
  • 種類油彩画
  • 高さ107cm
  • 横幅140cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ハガルの追放の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。