作品概要

ルーヴシエンヌの雪》は、画家のアルフレッド・シスレーによって制作された作品。制作年は1878年から1878年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

光や色彩の瞬間的な印象を捉えることを極めることに全人生を投じたクロード・モネや、労働者への敬意と共に自然への強い親和力のあったカミーユ・ピサロは別として、アルフレッド・シスレーは戸外で描く印象派の風景画に専念し続けた唯一の画家である。シスレーの風景画はいつも微妙な静けさと抑制で満たされている。

本作品《ルーヴシエンヌの雪》は微妙な静けさと抑制に満たされた作品の完璧な例である。シスレーがなぜ19世紀後期における最も優れた画家であると現在認識されているかが本作品によって明示されている。

題材となる雪

雪はしばしば詩的解釈に充てられる題材である。フランスの写実主義の画家であるギュスターヴ・クールベは一年の中で冬を一番愛し、故郷ジュラで多くの冬の景観を描いている。彼の描くのは厚く積もった雪であった。クロード・モネやカミーユ・ピサロも多くの雪景色を描いている。

シスレーは特に、彼の孤独を好む気質が自然の寂しさと孤独感を捉えるのに理想的に適していたため、田舎の冬に魅了されていたのである。本作品の《ルーヴシエンヌの雪》では、雪は降ったばかりで汚れが全くなく、雪景色を台無しにしてしまう足跡が一つもない。まるでコットンやフェルトのようである。

作品の中で、素晴らしい装飾品である雪がかかっているのは木の幹と立ち去る女性のシルエットだけである。世界は大きな白い静寂に埋もれている。おそらく、本作品はシスレーの不安や孤独感を表しているのであろう。

雪景色から技術を習得

光の微妙な変化を学べ、異なる色調や陰影を試せることから、シスレーは雪景色を描くことを楽しんでた。例えば、キャンバスにほんの小さな色を添えることにより、ただシンプルに白で描くよりも、地面が青っぽいようなピンクっぽいような反射を発しているように見える。

このようなクオリティの作品を描いていることから、美術史家であるケネス・クラークは、シスレーのことを「印象主義の素晴らしい一瞬」を作り出すことができる数少ない芸術家の1人であると言い表している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフレッド・シスレー
  • 作品名ルーヴシエンヌの雪
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1878年 - 1878年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ61cm
  • 横幅50.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ルーヴシエンヌの雪の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。