作品概要

街娼》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1890年から1891年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

革命的な主題

労働者階級の人々や売春婦を描いた絵画は19世紀以前にも確かに存在していたが、こうした作品のモデルはほぼすべて、個人ではなく「型」として描写されていた。ロートレックの、労働者階級の人々の肖像画を作るという探求心(彼の友人フィンセント・ファン・ゴッホもまた、フランスの南部で同様の計画に取り組んでいた)だけでなく、彼のこの主題へのアプローチは、美術界における革命的な転換であった。

描写

本作は一見、庭に座っている女性の普通の肖像画である。戸外の風景と、顎で固定された長袖のボタンダウンドレスを描いている。

彼の集中力のほとんどは、鋭い特徴を持った粉のはたかれた白い顔、薄い赤い唇、赤みを帯びた金髪という、彼女独自の特徴に注がれている。画家が冗談を言っているのか、彼女の目や口元にはわずかな笑みが見える。

慣習からの逸脱

ロートレックが本作で古い美術的慣習から逸脱しているという唯一の視覚的ヒントは、モデルの完全に対立的な姿勢である。彼女はフレームの右端に座り、肩を張り、礼儀正しく快適な距離とは言い難い近さでこちらを直接見ている。

この肖像画を本当に革新的なものにしているのはもちろん、主題である売春婦である。彼女の通り名は「金色のヘルメット」(彼女の特徴的な髪の色から来ている)だった。ロートレックは本作において、売春婦である彼女を、全体を通してかなり堂々たる態度で描き出している。これは、慣習からの革新的な逸脱と言える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名街娼
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1890年 - 1891年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ64.8cm
  • 横幅53.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 街娼の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。