作品概要

ピュラモスとティスベのいる嵐の風景》は、画家のニコラ・プッサンによって制作された作品。制作年は1651年から1651年で、シュテーデル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ピュラモスとティスベのいる嵐の風景》は、作品の大半をローマで制作したフランス人画家、ニコラ・プッサンの作品である。ドイツで最も長い歴史と高い名声を誇る美術財団のひとつである、シュテーデル美術館に所蔵されている。

プッサンの表現

どのように嵐を描くのか。レオナルド・ダ・ヴィンチが自身の絵画の専門書で、その問題への助言を提供した一人である。レオナルド・ダ・ヴィンチの専門書を近くで研究した、フランス人画家プッサンは、たくさんの彼の晩年の考えを取り入れ、この作品で練習した。木々と茂みを風が進む方向に傾かせ、人間でさえも防護のため、嵐に対して踏ん張る全ての力が必要となっていることがわかる。見ているものは嵐が進む方向を認識するのに何の問題もない。

プッサンの主題

しかし、プッサンは珍しい嵐の場面を描くことだけに満足しなかった。彼は風で荒廃した景色にオウィディウスの『変身物語』に収録されている有名な「ピュラモスとティスベ」を混在させ、激動する気象学上の出来事でティスベの感情を表現した。彼女の最愛の人はティスベがライオンに襲われてしまったという確信の中、剣で自分自身を突き刺した。絶望を抱えたティスベは死んだピュラモスの体と共に、彼女の人生をさらうような風に対して、彼女自身の身を投じている場面がここに描かれている。

この作品はプッサンにとって、最も偉大な風景画である。それは単に大きさの問題だけではなく、自然の描写と神話の語りが見事に混在した創意に満ちた作品でもある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ニコラ・プッサン
  • 作品名ピュラモスとティスベのいる嵐の風景
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1651年 - 1651年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵シュテーデル美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩
  • 高さ191cm
  • 横幅274cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ピュラモスとティスベのいる嵐の風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。