作品概要

イサクとレベッカの結婚》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1648年から1648年で、ナショナル・ギャラリー(ロンドン)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《イサクとレベッカの結婚》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1648年、イタリアにて作成した油彩画作品である。

現在、この作品はイギリスのロンドンにあるナショナル・ギャラリーにて所蔵されている。

作品自体について

1640年から1650年の十年間の間、ロランは自分の画家生涯の傑作を何枚も作成した。《イサクとレベッカの結婚》もその内の一枚である。ロランは踊る人々と風景を主題とした作品を二枚も描いている、一枚はナショナル・ギャラリーにて所蔵されている本作品で、もう一枚はローマにて保管されている。

ロランは、両方の作品にて、バランスの取れた合理的な構図でローマ・カンパーニャの実風景を忠実に再現することに成功した。しかし、残念なことに、両方のバージョンとも木々に塗られた緑の絵の具が黒くなっている。この黒により、木々はロランが始めに意図したものよりもはるかに存在感が増している。

作品のスタイルについて

《イサクとレベッカの結婚》を描いていた時間は、ロランの作風スタイルが成熟した時期である。ロランは執拗に何年間をも使い自然風景を描いており、その期間内に描いた繊細な作品は数百枚ぐらい現存している。その何年間の努力もあり、その後、ロランは実際に風景を目にするかのような自然主義的なアプローチと、理想化された世界に景観を変えたいという欲求を上手く組み合わせることができた。

ロランは晩年にて、柔らかく、現実に存在するかのような難しい光の描き方をマスターした。彼は年を重ねるにつれ、作品に更なる細心の注意を払い、他画家たちが晩年にて見せる作成時の緩みを決して見せはしなかった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名イサクとレベッカの結婚
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1648年 - 1648年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー(ロンドン) (イギリス)
  • 種類油彩画
  • 高さ149cm
  • 横幅197cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • イサクとレベッカの結婚の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。