作品概要

座る女道化師シャユカオ》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1896年から1896年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーなどに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《座る女道化師シャユカオ》は、フランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって1896年に制作されたリトグラフである。ワシントン・ナショナル・ギャラリーなどに所蔵されている。

画家の生い立ち

アンリ・マリー・レイモンド・ド・トゥールーズ=ロートレック=モンファ――この長い名前は彼の高い社会的地位を反映している――は、南フランスの貴族の家に生まれた。特権階級の暮らしの中で育った彼は動物を愛し、乗馬を好んだ。 生まれながらに病弱だった彼の骨は弱く、二度の大きな事故で両足の大腿骨を骨折した後、脚の成長が止まってしまった。ロートレックが成人したときの身長は152cmで、上半身は大人だが脚は子どものままだった。

図像解説

シャユカオは、1890年代にムーラン・ルージュやヌーボー・シルクでパフォーマンスを行っていたフランスのエンターテイナーである。彼女の芸名「シャユカオ」の「シャユ」は、フランス語の「chahut」(騒音)に由来する、カンカンに似た荒々しい人気のあるダンスの名でもあった。「カオ」は「chaos」(カオス、混沌)、彼女がステージに上がったときの歓声から来ている。

彼女はロートレックによるいくつもの作品に登場しており、彼のお気に入りのモデルの一人であった。ロートレックは、伝統的には男性の職業であった道化師という仕事を選び、さらに自分自身がレズビアンであることを恐れずに公言していたこの女性に魅了されていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名座る女道化師シャユカオ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1896年 - 1896年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリーなど (アメリカ)
  • 種類リトグラフ
  • 高さ51.8cm
  • 横幅40cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 座る女道化師シャユカオの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。