作品概要

ジャンヌ・アヴリル(1893年)》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1893年から1893年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ジャンヌ・アヴリルは、1880年代のパリのダンスシーンにおいて偉大なスターの一人だった。このリトグラフは、カフェ・コンセール(ショーを見せる飲食店)の1つであったジャルダン・デ・パリにおけるアヴリルの広告である。

図像解説

場面の左にいるアヴリルは目を閉じてハイキックをし、彼女自身のパフォーマンスの情熱により恍惚としている。右には、オーケストラ・ピットから伸びた男の毛むくじゃらの手が描かれている。その手はチェロのネック部分を握っている(ロートレックはここで性的な暗示を意図している)。この手は場面の境界となっている。この大胆な作品でロートレックは、みだらなユーモアセンス、ポスターという媒体に精通した技能、アヴリルの魅力的な才能に対する真の理解を示している。

ジャンヌ・アヴリルについて

ダンサーのジャンヌ・アヴリルは、1868年6月9日にパリのベルヴィル地区で生まれた。彼女の母親は娼婦であったが、父親は外国の貴族だったと言われている。

親から虐待を受け、家から逃げ出したジャンヌは、シデナム舞踏病と診断されてピチエ・サルペトリエール病院に入院した。「女性のヒステリー」の専門家であるジャン=マルタン・シャルコーの治療を受けた後、治癒した。伝記によれば、ジャンヌは病院の従業員と患者の前で社交ダンスを披露したと言う。

退院した後、失恋により自殺を図るが、パリの売春宿の女主人のもとに身を寄せることになった。日中はどんな仕事でもやり、夜は地元のクラブでダンサーとして踊った。その後ジャンヌはダンサーを本業とし、大成功を遂げる。1943年、74歳で亡くなった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名ジャンヌ・アヴリル(1893年)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1893年 - 1893年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類リトグラフ
  • 高さ130cm
  • 横幅95cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジャンヌ・アヴリル(1893年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。