作品概要

イタリアの海岸風景》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1642年から1642年で、ベルリン州立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《イタリアの海岸風景》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1642年、イタリアにて作成した油彩画作品である。

現在、この作品はドイツのベルリンにあるベルリン州立美術館にて所蔵されている。18年代の早期にて、この作品はイギリス国内にて流通されていた。幾多のコレクターの手を経由し、ベルリン州立美術館にたどり着いたのは1881年である。

作品自体について

《イタリアの海岸風景》はロランの多くの作品と違い、由来となる物語が存在しない。この絵に描かれているのは彼が駐在して場所ののどかな日常風景である。

ロランはこの作品の中央部分にて、名の知れないとある羊使いのカップルを描いている。そのカップルの男性の方は両手でショームと言う名の楽器を演奏しており、女性の方は岩に座りながら彼の演奏に耳を傾けている。作品の両端はそれぞれ異なった建物が描かれており、右側には木によって支えられたテント、そして、左側には荒廃したローマの寺院に繋がる石橋が存在する。

そして、《イタリアの海岸風景》の名の通り、作品の背景には海が描かれており、その海は暖かい夏の日の霧によって半分覆われている。

作品のスタイルについて

ロランの作品の特徴は、風景の繊細な雰囲気と、季節の変化に応じて変化する風景そのものである。彼にとって人物を描くことは風景をより画期的に見せる方法であり、人物そのものにスポットライトをあてた作品はあまり存在しない。

この作品でも、羊使いのカップルはあまり目立ってはいなく。作品のタイトルが示すように、観客の目が後ろの背景に行くよう、工夫して描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名イタリアの海岸風景
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1642年 - 1642年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ベルリン州立美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩画
  • 高さ97cm
  • 横幅131cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • イタリアの海岸風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。