作品概要

アニエールの水浴》は、画家のジョルジュ・スーラによって制作された作品。制作年は1883年から1884年で、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

アニエールの水浴は、高さ2メートル、幅3メートルの実証的な大きい作品で、スーラによる初めての計画的な絵画であった。作品の舞台は、アルジャンテュイユやプージバルのような遠い所ではなく、当時新しく工場が建てられた場所に近かった。

近くにレストランは無く、そこで水浴をする人々はアルジャンテュイユまでの鉄道運賃が高額だったからである。現存する14種類の油の研究と、いくつかの図案から、スーラがどんなにこの絵画に対して細かく準備したかが伺い知れる。

不安感を表現するこだわり

曇った明るさの雰囲気の中、空と水はほとんど単一色の連続体で構成されていており、それが作品の空間的な広がりを強力に消している。人物らは疲れ果てているようで、三次元の立体感は膨らんでいるように見え、そして、この絵画の枠となっている着色された部分がはっきりしている。この枠は実線描かれたものではなく、一つ一つ異なる色を小さな筆使いで描かれており、光のオーラが際立っている。

この科学的に精密な色の表現は、穏やかなジャンルのシーンと晴れた風景に、明らかに装飾的な不安さの要素を導入しており、重要ではない細部には決して使わないような技術を惜しみなく使っている。

評価

スーラが24歳の1884年に《アニエールの水浴》を完成させた。彼は同じ年にサロンの審査員に本作品を展示するよう申し込んだのだが、審査員はそれを拒否した。この作品はスーラの同時代の多くの人々を困惑させ続けた。そして画家がわずか31歳でこの世を去った後に広く評価され始め、20世紀にこの絵画の価値が高まり、現在はロンドンのナショナル・ギャラリーに飾られており、ギャラリーの絵画コレクションのハイライトの1つと考えられている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョルジュ・スーラ
  • 作品名アニエールの水浴
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1883年 - 1884年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩
  • 高さ201cm
  • 横幅300cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • アニエールの水浴の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。