作品概要

ジャンヌ・ダルク》は、画家のジョン・エヴァレット・ミレイによって制作された作品。制作年は1865年から1865年で、個人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ジャンヌ・ダルクの歴史的瞬間を描いた絵

《ジャンヌ・ダルク》は、1865年にジョン・エヴァレット・ミレイによって制作された油彩キャンバスの絵画である。パワフルで歴史的なテーマをこの作品に取り入れており、赤いスカートに鎖錠と鎧を身に着けた若い少女を描いている。

彼女はお祈りをしている中でひざまずいているが、その一方で両方の手に剣を持っている。彼女の頭には何も覆っておらず、天国を見上げるかのように上目づかいになって、彼女はぽつんと取り残されたかのような表情を浮かべている。ミレイはこのジャンヌ・ダルクの肖像画の中で彼女が大天使ミカエル、アレクサンドリアのカタリナ、アンティオキアのマルガリタによってイングランドとの戦いで指揮を執るようにこの三人の天使たちから勇気づけられた歴史的な瞬間を捉えた。

ジャンヌの強さを表現する工夫

彼女が神々の声を聴いたときの指示は、オルレアンの街をイングランド軍から奪取し、その後フランスのシャルル7世がランスで行われる戴冠式に向けて街を通過できるようにすることであった。ジャンヌ・ダルクについては残念なことに彼女は捕らえられ、イギリスの占領統治府が置かれていたルーアンで、フランスの教会員による異端審問裁判が開始された。裁判の結果、彼女は1431年に場所はルーアンのヴィエ・マルシェ広場で火あぶりの刑に処され、息絶えた。

《ジャンヌ・ダルク》で描かれた劇的な強さは、ミレイが視覚的に邪魔になるものを一切構図に組み込むことなく、ジャンヌ本人を真正面からの姿勢で占めた効果によって高まった。ミレイが魅力的なテクスチャーと鎧のハイライトを生み出した彼の専門知識は、この作品においての目が離せないほど抜きんでたミレイの技術を証明した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・エヴァレット・ミレイ
  • 作品名ジャンヌ・ダルク
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1865年 - 1865年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵個人蔵 (不明)
  • 種類油絵
  • 高さ820cm
  • 横幅620cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジャンヌ・ダルクの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。