作品概要

夕暮れの港湾風景》は、画家のクロード・ロランによって制作された作品。制作年は1643年から1643年で、ロイヤル・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《夕暮れの港湾風景》はフランスのバロック・フランス古典主義の画家であるクロード・ロラン(またの名、クロード・ジュレ)が1643年にて作成した油彩画作品である。

現在この作品は、イギリス王室が所有しており、ウィンザーにあるロイヤル・コレクションにて所蔵されている。

作品の歴史について

《夕暮れの港湾風景》はロランが自分のイラスト集である「真実の本」にて記録した1637年作のもう一枚の作品から由来している。二枚の絵には共通点があるが、《夕暮れの港湾風景》には明らかに変えられた部分が残っている。例えば、絵の右側にある丸い塔は元々左側に描かれており、右側の建物達に近づくよう場所を移動させられた。

もともと、《夕暮れの港湾風景》ともう一枚の作品の関係については不明確であったが、1969年にて行われたクリーニングによって《夕暮れの港湾風景》の作成時間が1643年であることが発見された。その後、「真実の本」にて記録されたもう一枚の作品である《村祭り》が1637年作であることから、この《夕暮れの港湾風景》は後に描かれた作品であるのがはっきりした。

作品のスタイルについて

ロランは自分の作品にて、頻繁に港湾を主題として取り入れている。この作品にて描かれている、深い群馬色の海水、暖かい全体的の色合い、そして、より目立つようになった人物たちは作品に大きな存在感をもたらした。

また、ロランが描いた港湾風景はよく日没時を設定とし、ボートマンのような人物を図面上にばら撒き、彼らが仕事している光景を細かに描いている。このような雰囲気を出している作品はイギリスのコレクター達に大変好まれており、イギリスの芸術家達もロランの描く港湾風景を真似するようになった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・ロラン
  • 作品名夕暮れの港湾風景
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1643年 - 1643年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ロイヤル・コレクション (イギリス)
  • 種類油彩画
  • 高さ74cm
  • 横幅99cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 夕暮れの港湾風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。