作品概要

ムーラン・ド・ラ・ギャレットの片隅》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1892年から1892年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの片隅》はフランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1892年に描かれた油彩画である。ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

パリの夜を描いた画家

ロートレックが主に描いた主題は、モンマルトルのナイトクラブの歌手、ダンサー、パトロンなどが占めるパリの享楽的な裏世界であった。

フランスの貴族の家に生まれたロートレックは、遺伝的要因により脚の成長が止まっていた。長い回復期の​​間に絵画制作を奨励され、画塾で専門的な絵画修業を許可された。ロートレックは特にドガを賞賛し、彼の独特な遠近法や大胆な社会的リアリズムを模倣した。

彼はカラー・リトグラフという新しい媒体をマスターし、鋭い線画デザインが印象的なポスターやイラストを制作した。

観察者としての疎外感

身体障碍者として差別されていたロートレックは、ジョルジュ・オスマンによるパリ改造計画が行き届いていなかった貧しい労働者階級の地区、モンマルトルのダンス・ホールやナイトクラブの常連となり、酒浸りの生活を送った。

身体的障碍から得た洞察や主題の感情的な疎外感は、彼の描写に苦味や同情などの色づけをしたが、一方で彼の好んだ主題の作品は、現実を面白おかしいもの、もしくはグロテスクなものへと変えることができた。

ロートレックは場面の参加者ではなく覗き見をする観察者であり、この作品でさえも、疎外感が彼独自のものとして機能している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名ムーラン・ド・ラ・ギャレットの片隅
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1892年 - 1892年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩、ボール紙
  • 高さ100cm
  • 横幅89.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ムーラン・ド・ラ・ギャレットの片隅の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。